安さの魅力から決めた中国旅行

phm02_0042

安さの魅力から決めた中国旅行

漠然と海外旅行に行きたいと考えて友だちと相談していたときに、ふと目についたのが中国ツアーの広告でした。飛行機が高いというのがもともとの印象だったものの、破格で行けるということに気づいて行くことにしたのです。

近くて安い中国の航空券

海外旅行に行くと飛行機にかかる費用が高すぎるというのがもともとの印象としてありました。以前、一度だけヨーロッパに行ったことがあり、滞在費よりも航空券の費用の方が高かったからです。

海外旅行に行くとお金がかかるから国内にしようといつも考えていたのですが、友だちと相談をしていたときに事情が変わっていることに気づきました。代理店に行ってツアー商品のパンフレットを眺めていたところ、中国へのツアーが国内の近場へのツアー並みに安いとわかったのです。

確かに距離が短いから飛行機の料金も安いのかもしれないと考えました。それに加えて航空券の費用も下げる傾向が強まっていると知ったのはそのときに友だちに教えてもらえたからです。

海外旅行への魅力と中国旅行

安さに魅力を感じ行ければと主張すると、友だちも少し悩んだものの、最終的には了承してくれました。海外旅行は高いから行けないと長らく考えていたところで、中国なら安く行けると知って期待で胸を膨らませていたのです。

今まで中国に行ったことがなかったので、海外旅行の醍醐味の一つである現地の文化に触れて楽しむことも十分に満喫できるだろうと考えていました。

そのため、中国ツアーの中でも芸能や文化を感じれる企画が予定されていて、自由行動があまりないものを選んで参加しました。飛行機もホテルも、現地でのバスの手配もひとまとめでできてしまうパッケージツアーであり、値段も国内ツアーより安いほどでした。

ツアーを選んで良かったと感じたこと

海外旅行で中国ツアーを選んでみて良かったと感じたことが二つあります。

一つは現地での移動が楽だったという点です。中国に行ってみると漢字があるのである程度の情報は読み取れるのですが、英語表記が滅多にないので正確な情報を得られているかが常に不安になりました。現地はバス旅でしたのでその心配がなく、半日だけあった自由行動でもバスガイドの人に教わってから出かけられたので心配なく旅行を楽しめました。

もう一つは旅程の立て方であり、飛行機が現地での行動をしやすいようにスケジュールされていたのもツアーに参加してみてわかったことです。時間の無駄がないように飛行機の手配から考えてくれていたのはツアーを利用してよかった点と言えます。

航空チケットを格安に買うために早割を利用する

imahges

飛行機の航空券は早割

旅行に何度も行っていると今回はどこか費用を削りたいと考えます。国内でも海外であってもいくつかの方法がありますが、まず話題がよくでるのは格安航空券です。LCCの航空会社を利用することは主流になりつつもあります。しかし正規の航空券を販売する航空会社でも早割サービスをしています。タイミングによりますが安くなっている早割サービスのあるときに購入をすればLCC並みの費用で航空券を安くかえることができる、大手の航空会社には色々な呼び方があります。
面倒かもしれませんが、少し詳しくなっておくだけでお得な旅ができます。

早割サービスを使えば70パーセント

いま費用を抑えたいと考えた時にLCC航空会社は飛行機の航空券も安いのが大きな魅力になっています。なぜそういったことが可能なのか。航空券が安いということで一般の航空会社よりもサービスにリスクがあるのを理解して利用しなくてはなりません。一般の航空会社でも格安に航空券が買える早割のサービスがありますので、この早割サービスはなんと最大で70パーセントも割引になってしまうサービスになります。機内の広さもゆったりとしていたりおもてなしのサービスも充実している一般の航空会社でも割引があります。

飛行機の便の切り替え時期

航空会社では必ず年に二回のダイヤの切り替えの時期があり夏のシーズンと冬のシーズンの前には、格安で航空券が買える早割サービスの販売時期があります。大手の航空会社では年明けの1月や帰省シーズンの8月に早割サービスの航空券の販売が始まりますので、この時期には早めにインターネットのサイトでチェックをしておくことが大事になります。しかしながら予約をする時期というのも新ダイヤになる時期には混雑して予約が取れにくいので混雑を避けることも必要です。

常識として格安な場合は変更ができない

うまい話には裏があるというわけではありませんが、早く予約をすることで安く航空券が買える早割サービスは昔からあるサービスで、最近はLCC航空会社もありますので大手のANAなどの航空会社などでは安い費用以外のサービスもつけるなどして勝ち残ろうとしています。早割サービスはとても便利なのでいつも販売されるときには競争率が激しく、なかなか取れないといったことが多いサービスですが予約をするときには変更やキャンセルができないことを理解して予約をすることが早割サービスなど安い航空券では常識です。

早割を利用するときは比較

ここでどれだけお得だと伝えても皆さんはどれくらいお得だったかということがわかりにくいかもしれません。大手の航空会社では安く飛行機を利用できる早割のサービスをしていますが、それぞれの会社には割引の数字も違えば予約をする日数のことも違いますので比較をしてどの航空会社のサービスを利用するかを決めるのがコツになります。この比較をすることで早割サービスをより安くすることができます。どの時代でもよりお得にということであれば比較でしょう。インターネットには大手の航空会社の早割のサービスを比較できるサイトがありますので、他にも費用だけで比較ができるサイトもあり利用すると便利になります。

格安航空券で初めての海外旅行を楽しんできました

格安航空券で初めての海外旅行を楽しんできました

夫婦の結婚記念日に、海外旅行を計画していたんです。私も妻も海外に行った事がなかったので、記念の日に行ってみようと話していたんですよね。いきなり遠くまで行くのは不安があったので、身近な中国に行く事にしました。そのために、まずは飛行機のチケットを探す所から始めました。

ネットの比較サイトを活用して航空券探し

中国に行くために、飛行機のチケットを探そうとしたのですが、最初は苦労したんです。海外に行くのは初めてですし、航空券なんて普段とる機会がなかったんですよね。最初は色々な情報誌を見ていたのですが、友達からネットで探せばすぐだよとアドバイスを貰ったので、見てみる事にしたんです。

色々な比較サイトがあったのですが、私はトラベルコちゃんを利用してみました。中国行きの便もたくさんあり、出発日などを指定したらすぐに出てきました。しかも様々な航空会社の便が出てきて、価格も表示されるのですごく便利でしたね。一発でどの会社が最安値なのか分かりました。

せっかくなら旅行先で贅沢したかったので、交通費は安く済ませたかったんですよね。おかげで、安い便のチケットがとれました。

エアチャイナを利用して格安で中国へ

私が予約したのは、エアチャイナの航空券でした。他の会社と比べても、だいぶ料金が安かったんですよね。

とりあえず安ければ良いやという思いで選んだのですが、実際利用してみたら乗り心地も悪くなかったですね。シートは思ったほど狭くなく、短時間のフライトを寛いで過ごすくらいには十分です。

食事に関して言うと、メニューは豊富じゃなかったですが、この料金ならこの程度だと思います。夜間のフライトだったのですが、たまたまなのか消灯しなかったんですよね。暗くないとダメという人は、アイマスクなどを用意しておいた方が良いかもしれません。機内は非常に清潔感がありましたし、トイレにも掃除が行き届いていました。コスパは良い航空会社だと思います。

観光スポットを巡って中国を満喫

中国と行ったら万里の長城ですよね。着いてまず行ったのがここでした。テレビでは見た事あったのですが、実際自分の目で見ると本当にすごいですね。山の中に石造りの道がどこまでお広がっていて、幻想的な風景が楽しめます。やっぱり一度は見ておいた方が良いスポットだと感じました。

滞在してのは、中国でも人気の都市上海です。結構発展していて、高層ビルなども多く予想以上に都会だったのにはびっくりしましたね。泊まったホテルのサービスも良く、高級なお店もすごく多かったです。グルメスポットも多いので、中国ならではの料理を楽しめました。交通網も整っているので、ここから色々な観光スポットにアクセスしやすいというのも良いですね。

中国のトイレ事情とは

中国のトイレ事情とは

日本から飛行機で行く海外旅行で一二を争う人気は中国でしょう。旅先でとりあえず一番困惑するのがトイレです。そこで中国でのトイレ事情とその対応策や秘策をお教えしますので、今回の文をよく読んでご記憶下さい。

トイレはどこにあるの

海外旅行の遊覧中などで一番困るのがトイレでしょう。中国では街中で日本語は勿論、英語も殆ど通用しません。切羽詰まったときに役に立つ一言があります。それは『ちーそー』(発音:cesuo、漢字:厠所)です。この単語は中国国内なら津々浦々どこでも通じますし、老若男女、列車の中、国内飛行機の中、更には香港やマカオでも通じます。街中でどうしても行きたくなったらこの『ちーそー』を連呼して下さい。必ず誰かが然るべき場所を教えてくれるでしょう。
これ以外にもトイレの言い方はありますので参考までに書きます。『洗手間』(xishoujian)とか『籃洗室』(guansishi)とかの表記をしてあるところも多いです。海外では用を足すのも一苦労ですね。

トイレットペーパーはどこ

何とか苦労してトイレにはたどり着けたが、そこにはトイレットペーパーが無いときは焦りますよね。中国の大都会の公衆便所には大体『トイレおばさん』が公衆浴場の番台おばさんのように鎮座しています。トイレットペーパーが無いときはこのおばさんにお金を払ってトイレットペーパーをもらいます。このおばさんはトイレの掃除から安全の見張り番管理などをする重要な人なのです。侮ってはいけませんよ。
また使用したトイレットペーパーはトイレの中に流してはいけません。必ず備え付けのボックスの中に入れて下さい。ペーパーを流すとトイレ詰まりをおこすので厳禁ですよ。これを守らないとこのおばさんに激怒されます。これらの中国流マナーやルールを必ず守ることも需要です。

言葉の表現違いで誤解発生

中国語では『手紙』(shouzhi)と書きます。それでは日本語の手紙は『信』(xin)と言います。このように同じ漢字圏でも全く違う意味の表現がありますので注意が必要です。
ホテル内や都会のビルの中のお手洗いは日本のと同じように個室になっているものも多いですが、それ以外のところでは日本人が驚くようなトイレも実際存在してます。例えば個室の仕切りはあってもその高さが腰の高さくらいで立てば全て見えているとか、全員同方向に向いて座っていても前後の仕切りのみで横の仕切りがないので入っていき奥に行こうとすると丸見え状態、最悪のは溝のみで仕切りが全くなく皆同方向を見て並んで
踏ん張っている姿は何とも異様で、出る物も出ない。場所を選ばないと大変なことに遭遇します。

上海に行ってみました!

上海に行ってみました!

飛行機と海外旅行が大好きで学生の頃から様々なところに遊びに行っていました。グアムやハワイなどのリゾート地が好きで社会人になった後も休みさえ取れれば行っていました。それがひょんなことから先日初めて中国に行くことに!その時のお話です。

旅行といえばリゾート地だった私が..

飛行機が好きすぎて航空会社に就職してしまうほどで、今まで様々な場所へ海外旅行に行ったことがあります。しかしこれまで中国には行ったことがなかったのです。リゾート地が好きだったので短いお休みならだいたいグアムかサイパンへ行っていましたし、アジアで行くならソウル!という感じでした。一緒によく行く友人も同じような考え方だったので、なかなか行き先に中国が出てくることがなく、チャンスがなかったのです。
それが先日旅行好きで仲良くなった友人が上海に行こう!と言うので、たまには違うところもいいかもしれないと思い行ってみることにしました。正直あまりよい印象のなかった中国だったのですが、実際に行ってみると印象はガラッと変わりました。

美味しいものがたくさん!

上海に行くことになり早速ガイドブックを買って研究をしました。すると美味しいものがいっぱい!せっかくなので日本では食べることができない本場の中華料理を食べようといろいろ調べて行きました。一番美味しかったのは上海蟹!これは絶品でした。時期もありますが、上海に行かれる際はぜひ食べてみてください!そしてもう一つ、市場での食事です。衛生的に問題あるのでは..と思いましたが、ガイドブックに載っている場所なら問題ありませんでした。ただウェットティッシュは必ず持ち歩いた方がいいです。ラーメンや炒め物を頂きましたが、こちらも美味しかったです。本場の中華料理は辛い印象ですが辛いものばかりじゃないですよ。食べ物だけのために行ってもいいくらい美味しいものが多かったです。

マナーが悪い!?噂とは違いました。

中国はマナーが悪いとよく聞きます。私も正直、中国人のイメージはマナーが悪い。待たない。声が大きい。というものでした。しかし実際に行ってみると印象はガラッと変わりました。
確かに行きの飛行機の中で中国人の乗客が平気でごみを下にどんどん捨てているのにはびっくりしました。しかし、上海で出会った中国人の人々は道に迷って困っていると外まで出てきて一緒に探してくれるような心優しい面倒見のいい人ばかりでした!また、待たないというのも、こちらが身ぶり手振りで私並んでるから後ろに並んでと言ったら、ごめんと言い素直に後ろに行ってくれました。声が大きく早口なので怒っているような印象を受けますが実際には怒っているわけではありません。本当に私が勝手に持った印象だったんだなと改めて思います。

安く航空券を買うためのコツ

飛行機を格安で購入する時の基礎知識

飛行機を格安で購入するのであれば、どのようにすればいいのかを知っておくと、度々飛行機を利用する時、迷わず、時間をかけずに購入することが出来ます。自分が購入するのにあっているお店やサイトを見て購入するまではいろいろ比べる必要がありますが、確定できればその購入サイトを基準に比べることが出来ます。

チケットショップで購入する時のコツ

街中で見かけるチケットショップで購入するのであれば、上手に購入するのであれば、何を気をつけなければならないのでしょうか。まずチケットショップの利点としては現物を直接見て、その場で購入できる点です。格安航空券は勿論のこと、いろんなチケットを購入することができます。上手な購入方法として、航空券以外にも目的をもって他のチケットを購入することができます。ギフトカードを購入することで、旅先でのお土産を安く購入することができます。

格安航空券取り扱いサイトでの上手な購入

安く航空券を購入するのに、ネットを使っている方であれば、検索エンジンより見つけて購入するのが普通の流れとなっています。今では、安く航空券の取り扱いサイトが増えてきたのもあり、比べるのにも時間がかかるために、航空券サイトを更にランク付けしているサイトも出てきています。ランク付けのサイトはよくチェックしているのもあり、サイトによってメリットやデメリットをも教えてくれています。ランクサイトを見て、時間短縮で購入するのも上手な購入方法です。

航空会社の特徴をチェック

安く航空券を購入すると言っても、航空会社の特徴を理解する必要があります。おおての会社であれば、ターミナル近くに飛行機を発着していますが、LCCの航空会社であれば、ターミナルよりちょっと離れた所で発着しているのあり、それぞれのメリットを理解する必要があります。大手の航空会社は飛行機の遅延は天候によって左右されたりもしますが、あまり影響は受けません。しかしLCCであれば、遅れをとることもたまにあり、気を付ける必要があります。

LCCサイトから購入と注意点

LCC、格安航空会社のサイトから安いチケットを購入することができますが、LCCの特徴を事前に知っておく必要があります。発着時の時間変更もあれば、荷物の制限もあったりします。その辺を理解した上で購入することが大切です。そして、時間にこだわらなければ、定期に購入することで、マイレージも貯めやすくなります。メール会員になることで、バーゲンチケットなどの情報も会員に事前に教えてくれるのもあり、更に安く購入することができます。

海外航空券を安く買うためのポイントは?

旅行に行きたい、そう考えることが大切

脳への刺激は脳細胞が増え若さを保つがことができるといいます。草食系男子など大人しい子供増えるだけでなく旅に行く人も減っているようです。わざわざ海外に出なくても、日本で生活が完結してしまうからです。しかし世界は日本中心で動いているわけではありません。だからこそ、様々な国に出向き、そしてその土地の文化や考えを吸収することが大切です。だからこそ積極的に旅に出かけることが大切です。そこで今回は、少しでも安い飛行機の格安航空券を購入するためのポイントに関して記載していきます。

まずは時期を選ぶことが大切です

海外旅行に行こうと考えた際、まず飛行機の航空券を購入する必要があります。その航空券ですが、実は時期によって大きく値段が変わります。週末や大型連休中などは航空券の値段が高い傾向があります。そのため、出来るだけ週末や連休は避けましょう。そうすることが、格安の航空券を購入することが出来ます。しかし、実は連休中などは日にちを1日動かすだけで、圧倒的に安い航空券を購入することが出来ます。そのため、日程調整は非常に重要なポイントです。ここで旅の結果が大きく変わると言っても過言ではありません。

週末はあまりお得な航空券がない

実はあまり知られていないことなのですが、航空券を購入しようと考えた際多くの方は、週末にゆっくり考えて購入しようとしますが、実はこれは間違いです。というのも、お得な航空券は週末にはすべて売り切れてしまい、あまりお買い得ではない航空券しかないからです。お得な航空券は週の初め頃から発売され始めます。だからこそ、週末に航空券を購入するのではなく新しい週が始まってから購入しましょう。そうすることで、お得な航空券を見つけることが出来ます。

経由便も候補として考えてみること

とにかく安さを追求したい、そう考えている方は直行便だけを候補にするのはやめましょう。実は経由便を活用することで、格安の航空券を購入できる場合があります。一緒に行く人によってもですが、経由便を利用すると、乗り継ぎの待ち時間等が発生し時間を無駄にしてしまいますが、経由地での乗り継ぎ時間によっては経由地に一度入国して観光をすることも可能です。要領良く旅ができる人はひとつ楽しみが増えると考えてみましょう。考え方を変えるだけでは、実は経由便はお得な航空券となります。安さを追求する方は経由便も候補にしましょう。

スマホやパソコンを活用し、探し出す

格安航空券を見つけるためには、とにかくネット検索を活用することです。空いた時間等にこまめに航空券をチェックし、お得な航空券を探すこと、これが最も重要なポイントです。現地で楽しみたいことが多い方はインターネットを活用し、航空券を探し出しましょう。ここでどれだけ頑張るかが分かれ目になることだってあります。諦めずに探していると、ふとした瞬間に飛行機のお得な航空券に出会うことがあります。また航空券購入の支払ではクレジットカードが必要となります。

国内航空券を安く手に入れるための方法

国内旅行が人気な理由

海外から訪れる観光客が増大していると言われますが、日本人の国内旅行熱も相当なものと言えるでしょう。旅行好きな人が多くなりましたが、海外旅行へ出るよりも、国内旅行を楽しみたいと考える人が60%強になっているようです。海外を避ける理由としては、治安が良いことや言葉に不自由を感じることがない、そして日本をもっとよく知りたいと考える人が、多くなっています。また、世界遺産が増えていることも、国内旅行への魅力を引き出していると言われます。

短時間で移動が可能な飛行機

旅行が人気になっている理由には、見聞を広めると言うこともありますが、その前に長期の休日を取ることが楽になったこともあります。高度成長時代には、休めない状況にあったと言われ、時代の変化から旅行がしやすい環境になりました。また、飛行機の発達も大きな要因と言われます。飛行機を利用することで、短時間での移動が出来るようになりました。新千歳空港から那覇空港まで、直行便利用では3時間半ほどで行くことが出来るようになっています。

航空運賃を安く購入する方法

旅の費用では移動費が最も大きいです。当初の頃はこの飛行運賃が高いことから、利用者にも敬遠されたものですが、時代と共に料金も安くなり、今では鉄道と料金を競うまでになっています。またその航空チケット料金も格安で購入出来るようになり、ますます飛行機の利用が簡単になって来ています。この航空チケットを格安で手に入れる方法があります。まず大手航空会社を選ぶのであれば、先得とか旅割と言った早めに購入することで、かなり安く手に入れることが出来ます。最大で75日前からの購入が可能です。

安い航空券購入方法のいろいろ

このように購入期日を早めることで、割引になり格安な費用で飛行機に乗ることが出来るのですが、これとは違い、インターネットなどでは格安専用チケットを扱う所も出て来ています。ですがこの場合、自身が希望する便の価格がいくらになるのか、予め決まっていません。そのホームページへ行き、調べることで、航空会社を選ばずに、便の中から選ぶことが出来る方法もあります。また、単純に価格安いと言うことで探すのであれば、LCC航空会社の利用もあります。

安い航空運賃ならLCCの利用も

このLCC航空会社は、料金を安く設定することでユーザーを獲得しています。ですが、今の所日本全国の空港に行き渡っていないことから、一部の地域限定ともなっています。利用客の多い空港や施設利用料が安い空港の利用が多くなっています。このように今では、低料金で探すことが可能な時代になりました。低料金で旅行することも、グルメな食にありつき、おみやげの購入などに当てることも出来ることから、利用価値は大きなものと言えるのでしょう。

航空券を安く買うには曜日は関係してくる?

気軽に旅行が出来る時代です

今や友人、知人がフランスに行ったブラジルに行ったと行っても特に驚かない時代になっています。格安航空会社の存在が大きくなったことで、海外旅行へも出る機会が増えたと言う人が多くなっています。なんと言っても、チケット料金が安いことから、気軽に旅に出ることが出来るようになりました。そこには、休日を利用したり、また働く人でも休日を取りやすい環境になって来ていることも、その要因になっているのでしょう。飛行機を使っての国内旅行をする場合よりも、安い費用での旅行が可能なことも、その理由と言われます。

安い航空チケットを手に入れる方法

旅先が同じであっても移動費が知人と比べ大きく違ったことはありませんか。よく聞くのが早い段階で決めていたからでしょう。しかしこの方法とは、まったく別にギリギリになって購入する方が安いチケットを購入出来ると言う人もいます。これはなんでもキャンセルが出た時ことで、確実な方法とは言えないようです。ですが出た時には、かなりの低い価格で購入も可能になっていると言われますが、それではダメだったらということもあります。

格安航空会社の利用を考える

安いとされる航空チケットを手に入れる方法として、まず格安航空を利用することを考えてみます。この場合、チケットの購入時期のベストタイミングと呼ばれているのが、6週間前と言われます。また、大手の飛行機会社を利用する時のチケット購入時期は、20週間前と言われています。5ヶ月前ですから、仕事で利用することには不都合かも知れません。仕事の場合だとだいたいは1か月くらい、当日だったりもありますから。ですが、新婚旅行とか家族旅行と言った場合には、日程を変える必要もありませんので、購入には良い方法と言えるのでしょう。

どの曜日に購入すると良いのか

旅行好きと言われる多くの人の休日は、土曜日・日曜日に集中するものと考えられます。旅行をする人が多くなるため、土曜・日曜のチケットは高めに設定されることが多く、安いチケットがあってもすぐに売れてしまうことにもなってしまいますので、土曜・日曜のチケット購入は、避けるべきです。航空会社では、月曜に新しいチケットを販売を始めます。そして火曜日にセールの情報が流れることになると言われていますので、水曜日に予約・購入するのが良い方法と考えられます。

購入には曜日だけでなく時間帯も

出発する曜日も大事なことになりますが、出発する時間帯にも注意が必要です。安いと言う時間帯を探すのであれば、早朝便とか深夜便の利用をお薦めです。一般的な考え方として、チケット料金は午前中が高く設定されることが多くなっています。そのため、午後便の方が安くなる結果にもなっています。また、予約にも似たような結果が出ると言われます。そこには、午後の方が安い航空チケットの購入が出来るようになっていると結果が出ているからです。

中国の飛行機旅行で気をつけたい点

中国の飛行機事情を知って準備した一週間旅行

海外にはよく出かけていましたが、中国は初めてだったのでよく事前に飛行機情報を調べて行くことにしました。国内線で南北を行き来する予定だったので、国内の飛行機事情についても調べなければ旅行が予定通りにできないかもしれないと考えたからです。

中国への不安と飛行機旅行の決断

海外旅行にいくときにはいつも地元の事情を確認する習慣がありました。欧米には行き慣れてしまったので怠ることも増えましたが、中国へ行くのは初めてだったので覚悟を決めなければならなかったのも事実です。噂話を聞いていると治安が良くなかったり、公共交通網があまり利用しやすい状況にはないと聞かされていました。しかし、実際に調べてみるとそれほどひどい状況はなく、一般的な観光地を巡っている限りは問題ないという印象を受けて安心して旅行計画を立てられたのが現実です。ただ、交通手段として飛行機を選ぶことにしました。駅や電車内などの治安はそれほど良くない地域もあるという情報があったので、それを避けるために大きな移動は飛行機に決めたのです。

手荷物に注意が必要な中国の国内線

中国の国内線について調べていたところ、利用するときに注意しなければならない点があるとわかりました。海外ではしばしばあることですが、手荷物の規制が厳しいということです。国内線では機内の持ち込み荷物はあえて重さを測らないことも多いですが、中国ではきっちりと測ってオーバーしていたら預けなければならなくなるようでした。カバンが出てくるのを待つのは嫌いなので、手荷物はコンパクトに軽くまとめて行こうと決めたのです。しかも重さの規定が厳しくて5kgまでしか持ち込めないとわかったので、衣類だけでも精一杯になってしまうでしょう。一週間の滞在予定だったので厳しさも感じましたが、クリーニングができるホテルを選ぶことでその問題も解決しました。

実際に乗ってみての実感

実際に中国入りをして国内線に乗ってみると、確かにきっちりと重さを測っていました。そして、自分の後ろの客が重量オーバーで引き返すように指示されているのも聞こえたので、かなり厳密に行っているのだろうと推察できたのです。この点で計画的に重さを調節してきたのが正解だったと言えます。ただ、二度目に国内線に乗ったときには手荷物の重さが5kgを少しだけオーバーしていたのですが、その場で上着を取り出して着てしまったらそれで良いとされてしまいました。杓子定規なのでちょっと工夫をすれば5kgを超えることもできるでしょう。中国に対する厳格さのイメージがあり、厳しく5kgに合わせて荷物を用意してしまいがちですが、そこまで神経質にならなくて良いものです。