航空チケットを格安に買うために早割を利用する

imahges

飛行機の航空券は早割

旅行に何度も行っていると今回はどこか費用を削りたいと考えます。国内でも海外であってもいくつかの方法がありますが、まず話題がよくでるのは格安航空券です。LCCの航空会社を利用することは主流になりつつもあります。しかし正規の航空券を販売する航空会社でも早割サービスをしています。タイミングによりますが安くなっている早割サービスのあるときに購入をすればLCC並みの費用で航空券を安くかえることができる、大手の航空会社には色々な呼び方があります。
面倒かもしれませんが、少し詳しくなっておくだけでお得な旅ができます。

早割サービスを使えば70パーセント

いま費用を抑えたいと考えた時にLCC航空会社は飛行機の航空券も安いのが大きな魅力になっています。なぜそういったことが可能なのか。航空券が安いということで一般の航空会社よりもサービスにリスクがあるのを理解して利用しなくてはなりません。一般の航空会社でも格安に航空券が買える早割のサービスがありますので、この早割サービスはなんと最大で70パーセントも割引になってしまうサービスになります。機内の広さもゆったりとしていたりおもてなしのサービスも充実している一般の航空会社でも割引があります。

飛行機の便の切り替え時期

航空会社では必ず年に二回のダイヤの切り替えの時期があり夏のシーズンと冬のシーズンの前には、格安で航空券が買える早割サービスの販売時期があります。大手の航空会社では年明けの1月や帰省シーズンの8月に早割サービスの航空券の販売が始まりますので、この時期には早めにインターネットのサイトでチェックをしておくことが大事になります。しかしながら予約をする時期というのも新ダイヤになる時期には混雑して予約が取れにくいので混雑を避けることも必要です。

常識として格安な場合は変更ができない

うまい話には裏があるというわけではありませんが、早く予約をすることで安く航空券が買える早割サービスは昔からあるサービスで、最近はLCC航空会社もありますので大手のANAなどの航空会社などでは安い費用以外のサービスもつけるなどして勝ち残ろうとしています。早割サービスはとても便利なのでいつも販売されるときには競争率が激しく、なかなか取れないといったことが多いサービスですが予約をするときには変更やキャンセルができないことを理解して予約をすることが早割サービスなど安い航空券では常識です。

早割を利用するときは比較

ここでどれだけお得だと伝えても皆さんはどれくらいお得だったかということがわかりにくいかもしれません。大手の航空会社では安く飛行機を利用できる早割のサービスをしていますが、それぞれの会社には割引の数字も違えば予約をする日数のことも違いますので比較をしてどの航空会社のサービスを利用するかを決めるのがコツになります。この比較をすることで早割サービスをより安くすることができます。どの時代でもよりお得にということであれば比較でしょう。インターネットには大手の航空会社の早割のサービスを比較できるサイトがありますので、他にも費用だけで比較ができるサイトもあり利用すると便利になります。

安く航空券を買うためのコツ

飛行機を格安で購入する時の基礎知識

飛行機を格安で購入するのであれば、どのようにすればいいのかを知っておくと、度々飛行機を利用する時、迷わず、時間をかけずに購入することが出来ます。自分が購入するのにあっているお店やサイトを見て購入するまではいろいろ比べる必要がありますが、確定できればその購入サイトを基準に比べることが出来ます。

チケットショップで購入する時のコツ

街中で見かけるチケットショップで購入するのであれば、上手に購入するのであれば、何を気をつけなければならないのでしょうか。まずチケットショップの利点としては現物を直接見て、その場で購入できる点です。格安航空券は勿論のこと、いろんなチケットを購入することができます。上手な購入方法として、航空券以外にも目的をもって他のチケットを購入することができます。ギフトカードを購入することで、旅先でのお土産を安く購入することができます。

格安航空券取り扱いサイトでの上手な購入

安く航空券を購入するのに、ネットを使っている方であれば、検索エンジンより見つけて購入するのが普通の流れとなっています。今では、安く航空券の取り扱いサイトが増えてきたのもあり、比べるのにも時間がかかるために、航空券サイトを更にランク付けしているサイトも出てきています。ランク付けのサイトはよくチェックしているのもあり、サイトによってメリットやデメリットをも教えてくれています。ランクサイトを見て、時間短縮で購入するのも上手な購入方法です。

航空会社の特徴をチェック

安く航空券を購入すると言っても、航空会社の特徴を理解する必要があります。おおての会社であれば、ターミナル近くに飛行機を発着していますが、LCCの航空会社であれば、ターミナルよりちょっと離れた所で発着しているのあり、それぞれのメリットを理解する必要があります。大手の航空会社は飛行機の遅延は天候によって左右されたりもしますが、あまり影響は受けません。しかしLCCであれば、遅れをとることもたまにあり、気を付ける必要があります。

LCCサイトから購入と注意点

LCC、格安航空会社のサイトから安いチケットを購入することができますが、LCCの特徴を事前に知っておく必要があります。発着時の時間変更もあれば、荷物の制限もあったりします。その辺を理解した上で購入することが大切です。そして、時間にこだわらなければ、定期に購入することで、マイレージも貯めやすくなります。メール会員になることで、バーゲンチケットなどの情報も会員に事前に教えてくれるのもあり、更に安く購入することができます。

海外航空券を安く買うためのポイントは?

旅行に行きたい、そう考えることが大切

脳への刺激は脳細胞が増え若さを保つがことができるといいます。草食系男子など大人しい子供増えるだけでなく旅に行く人も減っているようです。わざわざ海外に出なくても、日本で生活が完結してしまうからです。しかし世界は日本中心で動いているわけではありません。だからこそ、様々な国に出向き、そしてその土地の文化や考えを吸収することが大切です。だからこそ積極的に旅に出かけることが大切です。そこで今回は、少しでも安い飛行機の格安航空券を購入するためのポイントに関して記載していきます。

まずは時期を選ぶことが大切です

海外旅行に行こうと考えた際、まず飛行機の航空券を購入する必要があります。その航空券ですが、実は時期によって大きく値段が変わります。週末や大型連休中などは航空券の値段が高い傾向があります。そのため、出来るだけ週末や連休は避けましょう。そうすることが、格安の航空券を購入することが出来ます。しかし、実は連休中などは日にちを1日動かすだけで、圧倒的に安い航空券を購入することが出来ます。そのため、日程調整は非常に重要なポイントです。ここで旅の結果が大きく変わると言っても過言ではありません。

週末はあまりお得な航空券がない

実はあまり知られていないことなのですが、航空券を購入しようと考えた際多くの方は、週末にゆっくり考えて購入しようとしますが、実はこれは間違いです。というのも、お得な航空券は週末にはすべて売り切れてしまい、あまりお買い得ではない航空券しかないからです。お得な航空券は週の初め頃から発売され始めます。だからこそ、週末に航空券を購入するのではなく新しい週が始まってから購入しましょう。そうすることで、お得な航空券を見つけることが出来ます。

経由便も候補として考えてみること

とにかく安さを追求したい、そう考えている方は直行便だけを候補にするのはやめましょう。実は経由便を活用することで、格安の航空券を購入できる場合があります。一緒に行く人によってもですが、経由便を利用すると、乗り継ぎの待ち時間等が発生し時間を無駄にしてしまいますが、経由地での乗り継ぎ時間によっては経由地に一度入国して観光をすることも可能です。要領良く旅ができる人はひとつ楽しみが増えると考えてみましょう。考え方を変えるだけでは、実は経由便はお得な航空券となります。安さを追求する方は経由便も候補にしましょう。

スマホやパソコンを活用し、探し出す

格安航空券を見つけるためには、とにかくネット検索を活用することです。空いた時間等にこまめに航空券をチェックし、お得な航空券を探すこと、これが最も重要なポイントです。現地で楽しみたいことが多い方はインターネットを活用し、航空券を探し出しましょう。ここでどれだけ頑張るかが分かれ目になることだってあります。諦めずに探していると、ふとした瞬間に飛行機のお得な航空券に出会うことがあります。また航空券購入の支払ではクレジットカードが必要となります。

国内航空券を安く手に入れるための方法

国内旅行が人気な理由

海外から訪れる観光客が増大していると言われますが、日本人の国内旅行熱も相当なものと言えるでしょう。旅行好きな人が多くなりましたが、海外旅行へ出るよりも、国内旅行を楽しみたいと考える人が60%強になっているようです。海外を避ける理由としては、治安が良いことや言葉に不自由を感じることがない、そして日本をもっとよく知りたいと考える人が、多くなっています。また、世界遺産が増えていることも、国内旅行への魅力を引き出していると言われます。

短時間で移動が可能な飛行機

旅行が人気になっている理由には、見聞を広めると言うこともありますが、その前に長期の休日を取ることが楽になったこともあります。高度成長時代には、休めない状況にあったと言われ、時代の変化から旅行がしやすい環境になりました。また、飛行機の発達も大きな要因と言われます。飛行機を利用することで、短時間での移動が出来るようになりました。新千歳空港から那覇空港まで、直行便利用では3時間半ほどで行くことが出来るようになっています。

航空運賃を安く購入する方法

旅の費用では移動費が最も大きいです。当初の頃はこの飛行運賃が高いことから、利用者にも敬遠されたものですが、時代と共に料金も安くなり、今では鉄道と料金を競うまでになっています。またその航空チケット料金も格安で購入出来るようになり、ますます飛行機の利用が簡単になって来ています。この航空チケットを格安で手に入れる方法があります。まず大手航空会社を選ぶのであれば、先得とか旅割と言った早めに購入することで、かなり安く手に入れることが出来ます。最大で75日前からの購入が可能です。

安い航空券購入方法のいろいろ

このように購入期日を早めることで、割引になり格安な費用で飛行機に乗ることが出来るのですが、これとは違い、インターネットなどでは格安専用チケットを扱う所も出て来ています。ですがこの場合、自身が希望する便の価格がいくらになるのか、予め決まっていません。そのホームページへ行き、調べることで、航空会社を選ばずに、便の中から選ぶことが出来る方法もあります。また、単純に価格安いと言うことで探すのであれば、LCC航空会社の利用もあります。

安い航空運賃ならLCCの利用も

このLCC航空会社は、料金を安く設定することでユーザーを獲得しています。ですが、今の所日本全国の空港に行き渡っていないことから、一部の地域限定ともなっています。利用客の多い空港や施設利用料が安い空港の利用が多くなっています。このように今では、低料金で探すことが可能な時代になりました。低料金で旅行することも、グルメな食にありつき、おみやげの購入などに当てることも出来ることから、利用価値は大きなものと言えるのでしょう。

航空券を安く買うには曜日は関係してくる?

気軽に旅行が出来る時代です

今や友人、知人がフランスに行ったブラジルに行ったと行っても特に驚かない時代になっています。格安航空会社の存在が大きくなったことで、海外旅行へも出る機会が増えたと言う人が多くなっています。なんと言っても、チケット料金が安いことから、気軽に旅に出ることが出来るようになりました。そこには、休日を利用したり、また働く人でも休日を取りやすい環境になって来ていることも、その要因になっているのでしょう。飛行機を使っての国内旅行をする場合よりも、安い費用での旅行が可能なことも、その理由と言われます。

安い航空チケットを手に入れる方法

旅先が同じであっても移動費が知人と比べ大きく違ったことはありませんか。よく聞くのが早い段階で決めていたからでしょう。しかしこの方法とは、まったく別にギリギリになって購入する方が安いチケットを購入出来ると言う人もいます。これはなんでもキャンセルが出た時ことで、確実な方法とは言えないようです。ですが出た時には、かなりの低い価格で購入も可能になっていると言われますが、それではダメだったらということもあります。

格安航空会社の利用を考える

安いとされる航空チケットを手に入れる方法として、まず格安航空を利用することを考えてみます。この場合、チケットの購入時期のベストタイミングと呼ばれているのが、6週間前と言われます。また、大手の飛行機会社を利用する時のチケット購入時期は、20週間前と言われています。5ヶ月前ですから、仕事で利用することには不都合かも知れません。仕事の場合だとだいたいは1か月くらい、当日だったりもありますから。ですが、新婚旅行とか家族旅行と言った場合には、日程を変える必要もありませんので、購入には良い方法と言えるのでしょう。

どの曜日に購入すると良いのか

旅行好きと言われる多くの人の休日は、土曜日・日曜日に集中するものと考えられます。旅行をする人が多くなるため、土曜・日曜のチケットは高めに設定されることが多く、安いチケットがあってもすぐに売れてしまうことにもなってしまいますので、土曜・日曜のチケット購入は、避けるべきです。航空会社では、月曜に新しいチケットを販売を始めます。そして火曜日にセールの情報が流れることになると言われていますので、水曜日に予約・購入するのが良い方法と考えられます。

購入には曜日だけでなく時間帯も

出発する曜日も大事なことになりますが、出発する時間帯にも注意が必要です。安いと言う時間帯を探すのであれば、早朝便とか深夜便の利用をお薦めです。一般的な考え方として、チケット料金は午前中が高く設定されることが多くなっています。そのため、午後便の方が安くなる結果にもなっています。また、予約にも似たような結果が出ると言われます。そこには、午後の方が安い航空チケットの購入が出来るようになっていると結果が出ているからです。