航空チケットを格安に買うために早割を利用する

imahges

飛行機の航空券は早割

旅行に何度も行っていると今回はどこか費用を削りたいと考えます。国内でも海外であってもいくつかの方法がありますが、まず話題がよくでるのは格安航空券です。LCCの航空会社を利用することは主流になりつつもあります。しかし正規の航空券を販売する航空会社でも早割サービスをしています。タイミングによりますが安くなっている早割サービスのあるときに購入をすればLCC並みの費用で航空券を安くかえることができる、大手の航空会社には色々な呼び方があります。
面倒かもしれませんが、少し詳しくなっておくだけでお得な旅ができます。

早割サービスを使えば70パーセント

いま費用を抑えたいと考えた時にLCC航空会社は飛行機の航空券も安いのが大きな魅力になっています。なぜそういったことが可能なのか。航空券が安いということで一般の航空会社よりもサービスにリスクがあるのを理解して利用しなくてはなりません。一般の航空会社でも格安に航空券が買える早割のサービスがありますので、この早割サービスはなんと最大で70パーセントも割引になってしまうサービスになります。機内の広さもゆったりとしていたりおもてなしのサービスも充実している一般の航空会社でも割引があります。

飛行機の便の切り替え時期

航空会社では必ず年に二回のダイヤの切り替えの時期があり夏のシーズンと冬のシーズンの前には、格安で航空券が買える早割サービスの販売時期があります。大手の航空会社では年明けの1月や帰省シーズンの8月に早割サービスの航空券の販売が始まりますので、この時期には早めにインターネットのサイトでチェックをしておくことが大事になります。しかしながら予約をする時期というのも新ダイヤになる時期には混雑して予約が取れにくいので混雑を避けることも必要です。

常識として格安な場合は変更ができない

うまい話には裏があるというわけではありませんが、早く予約をすることで安く航空券が買える早割サービスは昔からあるサービスで、最近はLCC航空会社もありますので大手のANAなどの航空会社などでは安い費用以外のサービスもつけるなどして勝ち残ろうとしています。早割サービスはとても便利なのでいつも販売されるときには競争率が激しく、なかなか取れないといったことが多いサービスですが予約をするときには変更やキャンセルができないことを理解して予約をすることが早割サービスなど安い航空券では常識です。

早割を利用するときは比較

ここでどれだけお得だと伝えても皆さんはどれくらいお得だったかということがわかりにくいかもしれません。大手の航空会社では安く飛行機を利用できる早割のサービスをしていますが、それぞれの会社には割引の数字も違えば予約をする日数のことも違いますので比較をしてどの航空会社のサービスを利用するかを決めるのがコツになります。この比較をすることで早割サービスをより安くすることができます。どの時代でもよりお得にということであれば比較でしょう。インターネットには大手の航空会社の早割のサービスを比較できるサイトがありますので、他にも費用だけで比較ができるサイトもあり利用すると便利になります。