中国のトイレ事情とは

中国のトイレ事情とは

日本から飛行機で行く海外旅行で一二を争う人気は中国でしょう。旅先でとりあえず一番困惑するのがトイレです。そこで中国でのトイレ事情とその対応策や秘策をお教えしますので、今回の文をよく読んでご記憶下さい。

トイレはどこにあるの

海外旅行の遊覧中などで一番困るのがトイレでしょう。中国では街中で日本語は勿論、英語も殆ど通用しません。切羽詰まったときに役に立つ一言があります。それは『ちーそー』(発音:cesuo、漢字:厠所)です。この単語は中国国内なら津々浦々どこでも通じますし、老若男女、列車の中、国内飛行機の中、更には香港やマカオでも通じます。街中でどうしても行きたくなったらこの『ちーそー』を連呼して下さい。必ず誰かが然るべき場所を教えてくれるでしょう。
これ以外にもトイレの言い方はありますので参考までに書きます。『洗手間』(xishoujian)とか『籃洗室』(guansishi)とかの表記をしてあるところも多いです。海外では用を足すのも一苦労ですね。

トイレットペーパーはどこ

何とか苦労してトイレにはたどり着けたが、そこにはトイレットペーパーが無いときは焦りますよね。中国の大都会の公衆便所には大体『トイレおばさん』が公衆浴場の番台おばさんのように鎮座しています。トイレットペーパーが無いときはこのおばさんにお金を払ってトイレットペーパーをもらいます。このおばさんはトイレの掃除から安全の見張り番管理などをする重要な人なのです。侮ってはいけませんよ。
また使用したトイレットペーパーはトイレの中に流してはいけません。必ず備え付けのボックスの中に入れて下さい。ペーパーを流すとトイレ詰まりをおこすので厳禁ですよ。これを守らないとこのおばさんに激怒されます。これらの中国流マナーやルールを必ず守ることも需要です。

言葉の表現違いで誤解発生

中国語では『手紙』(shouzhi)と書きます。それでは日本語の手紙は『信』(xin)と言います。このように同じ漢字圏でも全く違う意味の表現がありますので注意が必要です。
ホテル内や都会のビルの中のお手洗いは日本のと同じように個室になっているものも多いですが、それ以外のところでは日本人が驚くようなトイレも実際存在してます。例えば個室の仕切りはあってもその高さが腰の高さくらいで立てば全て見えているとか、全員同方向に向いて座っていても前後の仕切りのみで横の仕切りがないので入っていき奥に行こうとすると丸見え状態、最悪のは溝のみで仕切りが全くなく皆同方向を見て並んで
踏ん張っている姿は何とも異様で、出る物も出ない。場所を選ばないと大変なことに遭遇します。